ACTIA JAPAN 株式会社 (アクティア ジャパン)

ダイアグノスティクス

車両診断システム機器のパイオニア

1985年、ACTIA(アクティア)(当時Bendix社)は世界初の車両診断ツールを開発しました。そこからOBD1(車載式故障診断装置)のスペシャリストとして、商用車や産業車両を含む多数の大手自動車メーカーのパートナーとして歩んできました。この経験を生かしオートモティブ市場における様々な要望に応えるソリューションに取り組み、ハードウェア、ソフトウェア、そして運用サービスを提供しております。

診断ソリューションは生産から維持管理、修理(サービス用)といった各フェーズで最適化されるよう、車両の設計段階から練られます。

ACTIAは汎用ならびにカスタム対応VCI2(車両通信インターフェース)を四半世紀にわたり世界の自動車メーカーや整備場に納め、その数は60万台以上にのぼります。

1OBD : On-Board Diagnostics
2VCI : Vehicle Communication Interface

TC XSプラットフォーム

車載電子機器との通信を可能にする高性能のインターフェースを備えたコンパクトなVCIです。

Core XSプラットフォーム

最小限の投資で最大のパフォーマンスを実現できます。

Passthru XS(汎用VCI)

Passthru XSは、J2534/J2534-1仕様に従って車両のECU(Electronic control unit)との通信を可能にする多くの自動車メーカーの承認を受けている世界標準のVCIです。
?
弊社の製品やサービス等に関するご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。