ACTIA JAPAN 株式会社 (アクティア ジャパン)

パワーコンバージョン – ACTIA製スマートイコライザー、電池との連携

ACTIA(アクティア)のイコライザーは、電圧変換器とイコライザーであるとともに、最大60アンペアの電流に耐えられる電子レギュレーターとして機能します。バッテリーの有効充電量のバランスを調整し、路上での故障を予測する診断機能を備えています。ACTIAは、革新的なイコライザーを設計することで、交換コストのかかるバッテリーの寿命を維持することができます。この技術を搭載することで、自動車メーカーはお客様にバッテリーパックの最適かつ持続的な使用を保証することができます。

イコライザーによるバッテリーの寿命の維持

イコライザーは直列に接続されたバッテリーのバランスを調整します

商用車、産業車、オフロード車等の市場では、デジタルサービス、快適機能、安全装置などの装備により、車両ネットワーク上の電気的ニーズが増大しています。バッテリーへの要求は、車両のさまざまな動作段階で変動します。

バッテリーイコライザーは、バッテリーの電力スパイクの管理ができるため、スマートなパワーコンバーターです。12Vのバッテリーを2個直列に接続し、合計24Vで走行する内燃機関向けの製品です。イコライザーは、バッテリーパックを構成する直列接続された2つのバッテリーの充放電バランスを維持するために使用されます。デュアルボルテージの電気ネットワーク構造に、信頼性の高い12Vの安定化電源を提供することができ、負荷分散の役割を果たし、バッテリーパックを均一に放電させることで、バッテリーの寿命を保つことができます。

増え続ける車載用電力需要に対応するイコライザー

自動車の種類にかかわらず、ドライバーと同乗者に快適性、安全性、運転支援などにかかわる最高の体験を提供するために設計された車載機器が増えてきています。これらの機器の多くはエネルギーを大量に消費し、不定期にバッテリーパックを消耗します。

大型車を例にとると、走行中はもちろんのこと、自動車がドライバーの居住空間のような役割を果たしているため停車中にもバッテリーが使用されます。12Vソケットに接続される多くの快適機能に加えて、電気アーキテクチャ上の機器も導入されているため、12V DC電源の需要が高まっています。モデルによっては、テレビ画面、コーヒーメーカー、ミニ冷蔵庫、電子レンジ、コンピューター、人間工学的に最適化されたコントロールエレメントなど、電源を必要とする機器がキャブに搭載されています。このような多種多様な負荷が12Vネットワーク上に存在すると、エネルギー需要が瞬間的に急増することがあります。

公称電流値が3倍に:20Aから60Aへ

イコライザーは、従来の24V-12VのDC/DCコンバーター機能に加え、公称値20Aの3倍までの消費スパイクに耐えられます。つまり、最大60Aの電圧スパイクに耐えることができます。一瞬のスパイクの間、パック内の一方のバッテリーからエネルギーを引き出し、スパイクが去った後、2つのバッテリー間の有効電圧のバランスを取ることで、バッテリーシステムの異常な摩耗を防ぎます。

イコライザーは、2つの電池を直列に接続したバッテリーパックを1つのユニットで管理することができます。また、ウェイクアップ機能により、消費電力が少ない状態での長時間停車時に、バッテリーの放電を防ぐことができます。

ACTIAの長年のノウハウを結集したイコライザー

診断において

ACTIA製のイコライザーには、監視機能と診断機能が統合されています。診断情報はCAN J1939インターフェースで提供され、イコライザーやその環境における障害の検出と処理を容易にします。これらの機能により、バッテリーの予知保全が容易になります。イコライザーは常にコンポーネントを監視し、車両の診断ネットワーク上で弱い信号(トラブルシューティング)を追跡します。これらの機能は、バッテリーの不具合を予測するのに役立ちます。

イコライザーの診断機能は、以下の情報を提供します。

– 動作モードの状態

– 内部温度

– バッテリー電圧

また、故障レポートの作成にも使用できます。

ACTIAは、商用車、産業車、オフロード車等の厳しい環境に対応する複雑なアーキテクチャを設計してきた30年以上の専門知識を活用しています。また、産業用および商用車の自動車メーカーの診断パートナーでもあります。

過酷な環境下で使用される車載エレクトロニクスにおいて

イコライザーとバッテリーパックが直接物理的に接近しているため、高い安全性を備えた設計が求められます。

ACTIAのイコライザーは、IP6K9K規格に準拠し、過酷な環境下での使用を想定して設計されています。 温度、温度変化、振動、ダスト&ウォーターの要求が、装置や部品に対して非常に厳しい条件に適しています。この機器の動作温度は-40/+95℃です。 過酷な環境でも動作し、オフロードにも対応し、ACTIAイコライザーの品質、信頼性、長寿命、頑丈さが保証されます。   

この設計には、電子部品を組み込むための特殊な手段が必要であり、ACTIAが特別に開発した2成分シールが使われています。

コンパクトな形状であるため、車両への搭載も容易であり、ケーブルを束ねて固定する手段も用意しています。

メーカーのバッテリーパックとの接続に特別な開発を必要としない、すぐに使える電子設計にもなっています。

パワーコンバージョンにおいて

ACTIAのパワーエレクトロニクスの経験は、エネルギー変換に特化した汎用ソリューションの開発を可能にしました。商用車や産業車両向けに大量にパワーエレクトロニクスユニットを生産して参りました。過去20年間で、ACTIAはトラック、バス、特殊機械メーカー向けに約150万個の降圧トランスを生産し、今年、イコライザーの生産台数は、平均で年間9万台に達しています。

効率的な産業組織を活用し、少量生産も可能であり、モジュール化された産業機能を備えています。例えば、南フランスにあるACTIAのコロミエ工場では、あらゆる市場の品質要求を満たすために、高度に認証された産業環境の中で、小ロット、中ロット、大ロットの生産を柔軟に行うことができます。